2018年1月18日、深センにある世界初のMUJI店舗、MUJI Diner、MUJI HOTEL一体化プロジェクトがWechatでの決済サービスを開通。
全国のMUJI230店舗も同時にWechat決済サービスを開通する。MUJIミニプログラム(微信小程序)もリリースした。

MUJIのオフライン(実)店舗と、ホテルのユーザーはカウンターでミニプログラムのQRコードをスキャンすれば、決済完了の知らせが届く。
決済証明のリンクを3つの方法でMUJIスマート会員カードが開通可能。ワンタッチでカードを開通することができ、一貫した会員サービスを受けることができる。この仕組みは顧客の利便性を向上し、快適な入居と消費サービスを提供する。

MUJI とWechatの業務提携では決済サービスを効率化させる以外に、従来の会員カードの機能を維持しながら、会員システムから情報のシェアも可能になった。
Wechatは、収集したデータを利用して、会員の利用定着とWechat場でのサービス運営に協力する。MUJIはWechatで集約されたユーザーデータを活用してサービスの向上と業務改善ができるメリットがある。
これがMUJIの新しいリテールモデルだ。

2018年に、微信決済は決済、会員、公式アカウント、ビッグデータ、ミニプログラムなどの力で小売企業の人員、貨物、場所のデジタル化連結に協力する。

一番下の「ミニプログラム」からMUJIのWechat上でのサービスを受けることができる。

 

 

 

 


・参考記事
http://tech.huanqiu.com/internet/2018-01/11532178.html
https://news.cfw.cn/v237343-1.htm