中国ライドシェア大手のofo(オフォ)とmobike(モバイク)は、ラテンアメリカ市場に進出する計画を発表した。メキシコでサービスを提供予定。
ofoはメキシコ城、グアダラハラとモンテレーに興味があり、ofoの北米の関係者Taylor Bennettによると、ofoはこれらのメキシコ都市でサービスを提供する予定だが、具体なリリース時期は現状では未定、とコメントしている。

関係者によると、mobikeは2月にメキシコ城のミゲルイダルゴ区で自転車レンタルサービスを開始する計画らしい。
mobikeのスポークスマンはこの計画についてコメントしなかったが、新しい市場へ進出する前に、地元政府と提携の件を相談すると表明。

mobikeは2015年に成立され、2016年4月上海でシェア自転車サービスを開始。
その後、シンガポール、イギリス、日本、アメリカ、韓国などの9ヶ国の180以上の都市でサービスを展開している。自転車の累計導入台数は700万台を超えている。

一方、ofoはつい最近に韓国市場への進出を宣言したばかり。現在、ofoは世界21カ国の250以上の都市でサービスを展開している。


・参考記事
http://tech.huanqiu.com/net/2018-01/11560515.html