2018年1月26日、阿里巴巴(以下、アリババ)の株価は3.47%上昇。
史上最高値となる205.22ドルを記録し、時価総額は5266億ドル(約58兆)に。
これにより、アリババは国内競合IT企業の騰訊(テンセント)の次に、時価総額が5000億ドル(約55兆円)を突破した中国のIT企業となった。
今年、アリババの株価の伸び率は13.4%となっている。

New York Postの報道では、アメリカスーパーの大手のKroger(以下、クローガー)はアリババとの業務提携を望んでいる。両社の業務提携が達成した場合、クローガーはアリババのテクノロジーと資本を得ることができ、アリババもクローガーから直接顧客(ビッグデータ含む)を得ることでき、Win-Winの関係性を築くことができる。

■チャイトピ!関連記事
米国大手スーパーマーケットチェーンKrogerが阿里巴巴と業務提携し、Amazonに対抗か


・参考記事
https://www.ithome.com/html/it/345332.htm