近日,人気出前アプリの餓了麽(eleme 発音:ウーラマ)傘下の「蜂鳥配送(出前サービス)」が”顔認証”機能をリリースした。配達員は携帯で顔認証してから注文を受けることができるので、セキュリティーの向上が見込める。


今年頭から、餓了麽傘下の蜂鳥配送プラットフォームの配達員は、毎日最初の注文を受注する前に顔認証することが条件に加わった。アプリに登録している配達員はシステムの認証を通過してから受注できる。
同機能の認証正確率は90%以上、認証にかかる時間は平均一秒。

また、最新バージョンの人気出前アプリの餓了麽(ele.me)の蜂鳥配送が「顔認証」で安全面向上アプリでは詐欺者がよく使う170,171番号(中国三大電信運営商)で登録することを禁じた。更に配達員が出前を取ってからユーザーの番号を確認できる規定を追加し、これまで以上に電子詐欺の発生を防ぐ。

■蜂鳥配送とは
(FengNiaoPeiSong 発音:フォンニャオペイソン)
中国で最大級のO2O飲食注文サイトを運営する餓了麽(ele.me)傘下の出前アプリ。

・1日の平均注文件数—450万件
・加盟店—100万軒以上
・配達員—300万人以上
・有名参加ブランド:ハーゲンダッツ、味千ラーメン、KFC、スターバックスコーヒー、バーガーキングなど

運営会社:拉扎斯网络科技(上海)有限公司
ウェブサイト:http://ele.me


・参考記事
https://www.ithome.com/html/it/346801.htm