2018年2月9日、交通運送部副部長刘小明がシェア自転車事業に関して発表した。
現在中国でシェア自転車市場に参入している企業は全77社、総計2300万台の自転車を国に導入している。
利用者数は170億人、1日の最高利用者数は7000万人。うち20社が倒産あるいは運営停止となった。

シェア自転車事業は過去に保証金の払い戻しの問題が発生している。
ユーザーの資金安全問題について、交通運送部などの10部門は「指導意見」を発表。制度の構築方面で三つのソリューションを提出した。
一つ目は信用で保証金免除方式を推奨する案、二つ目は利用時に保証金を払い、使用後に保証金が払い戻される案、三つ目は保証金を課する場合は専用口座を作り、関係部が管理する案。
もし、こういった制度を採用することができればユーザーの資金面の安全が保証できるようになる。
また、ライドシェア企業が買収、合併、市場から撤退する手続き行う際に合理的なソリューションを作成する必要があり、ユーザーの合法的な権利と資金安全を確保するとコメントした。


・参考記事
https://www.ithome.com/html/it/347043.htm