2018年1月10日、全自動無人運転雲軌(空中列車)は世界各地からの乗客を乗せて空での運行を開始した。

2011年、比亜迪股份有限公司(以下、BYD)は1000人余りの研究団体を成立し、5年間で50億元(約848億円)を投資。
ようやく100%自主知的財産権を保有するストアドル式モノレール「雲軌(Yungui:ユングイ)」の開発に成功した。
雲軌にはモノレールの技術が採用されている。
2017年8月にBYD初の空中列車は銀川で運営開始。4ヶ月後、銀川雲軌はさらに全自動無人運転を実現させた。

銀川雲軌無人運転システムは2018年第二四半期で運営開始予定となっている。
無人運転は四つの段階があり、BYDの無人運転システムは最高段階の全自動無人運転に達している。これには停電無人運電、自動診断、客数リアルタイム監視、顔識別等の機能が搭載されている。

■備考
比亜迪股份有限公司とは
(略称:比亜迪またはBYD、英語: BYD Company Limited)は広東省深圳市に本社を置く中華人民共和国の企業。
グループ企業各社を通じて、IT部品(二次電池、携帯電話部品・組立)と、自動車の2大事業を展開している。


・参考記事(写真はこちらからご確認ください)
http://tech.huanqiu.com/original/2018-01/11512016.html