北京時間2月14日夜、13日に続いて中国版Twitterと呼ばれる「微博(Weibo)」の株価が9.59%急騰。
2月15日、微博は再び上昇し、株価は約138ドル(約14,500円)となり過去最高を記録。
時価総額が300億ドル(約3.1兆円)を超えた。

この件に関して2月15日に多くの投資銀行が研究報告を発表。
微博の2017年の業績と2018年第1四半期の見通しはウォール・ストリートの期待を上回っており、目標株価を150ドル(約15,800円)に引き上げた。

■2017年の業績及び2018年1四半期のアナリスト予想

微博が発表した決算報告データによると、2017年第4四半期売上高は3.774億ドル(約399億)、前年同期より77%増加。
同社は3.55億〜3.65億ドル(約376〜386億円)での着地を予想していたが、予想を上回った結果となった。
Non-GAAPに基づき微博に帰属する純利益は、前年同期比90%増の1.46億ドル(約154億円)。希薄化後の1株当たり利益は64セント(約67円)。
微博の2018年第1四半期予想純売上高は3.35億ドル〜3.45億(約354〜365億円)ドルを想定している。

Jefferiesは2017年第4四半期の微博収益データはアナリスト予想平均の4%上回っており、Jefferiesの予想よりも3%高いと指摘。
バークレイズは、微博の第4四半期の収益と1株当たりの利益は、ウォール・ストリートの平均予想よりそれぞれ4.2%と10.2%高いと述べた。
CLSAは、微博が公表した2018年の第1四半期の収益見通しも前年同期より67%〜72%増加すると強調。中間点でアナリスト予想(コンセンサス)を8%上回ると推測。
JPモルガン・チェースは、微博の2018年の売上高は65 %増加すると予想している。


・参考記事
https://www.ithome.com/html/it/347745.htm