アメリカで人気のベンチャー企業や起業家、革新的な事業内容をクローズアップする雑誌「Fast Company」誌は、近日「2018年世界最も革新力のある企業」ランキングを公表した。ランキング1位はApple、2位はストリーミングメディアサービス提供企業のNetflix、3位はモバイル決済企業のSquareだった。

Fast Company誌は、同社の40人の編集者と記者、作家を起用して、世界1,000以上の企業に対し評価と順位付を行い、世界で最も革新力のある50企業と、最も革新力のある10の中国企業を選出した。

■世界で最も革新力のある企業トップ5

1位
Apple

2位
Netflix

3位
Square

4位
Tencent(騰訊)

5位
Amazon


Fast CompanyのApple評価内容:

2010年、iPadタブレットPCを開発以降、影響力のある商品は出なかったが、2017年の実績は良かった。
AirPods無線イヤホンはアメリカで大流行。Apple Watch Series 3はスマート腕時計ベストセラーに。ARKitは数多くの開発者の支持を得て、業界のiPhone Xへ対する懸念も消えた。

4位のTencent評価内容:

Tencentは、たくさんのファンに歓迎されて、ユーザー数は中国スマホの数まで超えている。
(一部のユーザーは複数の微信(Wechat)アカウントを持っており、海外にも数多くのユーザーが存在する)
2018年1月までで、微信(Wechat)の月間アクティブユーザー数は9.8億。微信(Wechat)はただのソーシャルプラットフォームではなく、タクシーの予約や、レストランの評価チェック等、各予約と決済ができる。

また、中国最も革新力のある10企業ランキングで、Tencentは一位、世界オンライン児童英語教育会社のVIPKIDが2位、ドローン大手の大疆(DJI)が3位という結果だった。


・参考記事
https://www.ithome.com/html/it/348233.htm