関係者によると、中国版Uberの滴滴出行(以下、DiDi)は、ここ3年で中古車取引サービスを提供する企業の人人車(renrenche)から数百万台以上の中古車を購入可能性があるようだ。これはDiDiの運転手向けに品質が良くて安い車を提供し、運営コストを引き下げるためだと考えられる。

また、DiDiは春節期間中、外出サービスの供給バランスを調整。
乗客の需要を満たす一方、運転手の収入を保証するために140都市で「春節運転手サービス費」を課した。
そのほか、DiDiは上海、合肥、無锡、温州、成都、杭州、南京、アモイと福州などの9都市で「同时呼叫」という、2台以上のタクシーや快車、優享を呼ぶことができるサービスのトライアルテストを行なった。


参考記事
https://www.ithome.com/html/it/348394.htm