2018年3月14日、ECモール運営会社の唯品会(vip.com)が京東(ジンドン:JD.com)アプリ内にリリースされた。
京東アプリのトップ画面に唯品会の入り口が設置されている。
また、京東に出資している騰訊(以下、テンセント)が提供するチャットサービスのWechat Payでも唯品会の入り口が設置された。現在は内部テスト段階のため、5%のユーザーしか見れない状況となっている。

JD.comアプリ内にあるVip.com入り口

先日、京東グループのCFO黃宣德は京東と唯品会の協業戦略について、こうコメントした。

私たちはこの協業にシナジー効果が生まれると思っています。競合同士の協業に驚かれた方も多いと思いますが、このような協業することによって、京東ユーザーによりたくさんの商品提供できる一方、唯品会にも新しいユーザーをもたらすことが可能になります。つまり、私たちはウィンウィンの関係になれるのです。

京東グループのCEO劉強東は唯品会との協業について、こうコメントした。

短期間のうちに、この協業がもたらす効果は2つあります。
一つは双方の優位性のある商品カテゴリを相補できることです。唯品会はファッション関連の商品が得意カテゴリで、京東過去の主要な得意カテゴリは他の商品です。
もう一つに、互いのユーザー属性が違う点を活かしたメリットがあります。京東ユーザーは1、2、3流都市の男性に集中していて、唯品会の主なユーザーは3から6流の都市の女性です。互いに入り口を設けることによりお互いに弱い部分を補い合えるチャンスがあるのです。
長期的に見ると、双方はサプライチェーンと物流方面でも相補できます。例えば、倉庫の費用を分担、仕分けセンターの費用を分担、配送ステーションの費用の分担ができ、互いに運営コストを引き下げられるメリットがあります。

去年12月18日、テンセントと京東は、唯品会に8.63億米ドルを投資すると宣言しており、テンセントはWechat Payの画面で唯品会の入り口を開設し、京東も携帯アプリのトップ画面で唯品会の入り口を開設すると公言していたのでついにこれが実現された。

Vip.com


・参考記事
http://tech.huanqiu.com/internet/2018-03/11665033.html


・記事タグ
#tencent #vip #jd #越境EC #EC #京東 #唯品会