今回は、大流行中のミニカラオケのユーザーに取材してきました!

■取材担当:チャイトピ!編集部
■場所:上海某所 ショッピングモールに設置されたミニカラオケ
■取材内容:ミニカラオケの外観、内観、仕組み、ユーザーインタビュー

■ミニカラオケとは

ミニカラオケの中国語表記は「迷你卡拉ok」その名の通り、小さなカラオケです!

ミニカラオケボックスは、ショッピングセンターの中や映画館などに設置されていて、外見やサイズ感は公衆電話ボックスに似ています。面積は約2㎡、室内にはヘッドフォン、マイク、更にエアコン等の設備が完備されており、防音対策も万全。外からは中の音を聞くことはできないため、こじんまりとした空間で自分一人の世界を気軽に楽しめることで支持されています。
利用シーンは、友人との待ち合わせ前のあき時間や、彼女の買い物に疲れた時にリフレッシュするのに利用する場合などの、ちょっとした「暇つぶし」に最適で、気軽にストレス発散、暇つぶしできる点が人気の理由となっています。

▲ミニカラオケの外観
ショッピングセンターの一角に、このようにいくつかのミニボックスが設置されているものもあれば・・・

▲ゲームセンターの中にも!設置されています!
ボックス外の文字には「防音対策バッチリなので大声で歌おう!」と書かれています。

中はどうなっているのでしょうか?

▲カラオケ設備が1台、ヘッドフォンとマイクが2個

▲そして椅子が2つ並んでいます。大柄の人なら2人での利用が厳しそうです。

■ミニカラオケを利用してみましょう

1)まずはモニターから利用プランを選択します。

▲価格プラン一覧
1曲8元(約135円)、15分20元(約350円)、30分40元(約700円)
45分60元(約1,000円)、60分70元(約1,200円/10元割引中!)、90分100元(約1,700円/20元割引中!)

▲画面に表示されたQRコードをスキャンして、スマホからプランが選択できます。

▲ボックス内は小柄な2人でも少し狭そうです。
プラン選択完了したので、只今選曲中。

▲選曲中の動画。
タッチパネルで目的のアーティストを検索しています。

▲選曲も完了し、カラオケ開始!

■決済方法は?
QRコードをスキャンしてWeChatでモバイル決済が可能です。
(中国では現在どこもかしこもQRコードで決済する時代に!)


 

カラオケを終えた学生2名にインタビューして来ました!

記者
こんにちは!今日はどうしてこのミニカラオケを利用しましたか?
ユーザーの声
今日は実家に帰るつもりで、乗車時間まで時間があるので時間を潰しに来ました
記者
そうなんですね、過去にミニカラオケを利用したことがありますか?
ユーザーの声
暇つぶしに最適なのでなんども利用していますよ
記者
なるほど、使用感はいかがですか?
ユーザーの声
決済は利用時間で計算されるので少し面倒ですね、料金はちょうどいいと思うけど、都度決済するのは正直面倒ですね
記者
素直な感想をありがとうございます。一般的なカラオケ屋さんと比べると使用感や料金の感覚は違いますか?
ユーザーの声
ミニカラオケは1〜2人の利用に最適で料金は普通のカラオケとも変わらないし、使用感もストレス発散の目的が果たせているので変わらないかな。
記者
ありがとうございます。ミニカラオケも普通のカラオケと同じ感覚で利用しているということですね、大変貴重なごご意見ありがとうございました

■編集後記

今回の取材では貴重なユーザーのリアルな感想を伺うことができました。
見た目こそ違いますが、ミニカラオケも通常のカラオケ屋と同じ感覚で利用されているようです。
年々設置スポットが増えている、ということはそれだけリピーターと需要が増えている証拠ですね。
中国の旅行先でちょっと一息つきたい時に気分転換に体験してみるのも良いかもしれません。


■過去に書いた記事はこちら
中国の若者に「ミニカラオケ」ブーム!流行の背景とは

中国の若者に「ミニカラオケ」ブーム!流行の背景とは