健康診断事業を展開する中国企業愛康国宾(ikang)が合併・買収による資金調達を達成した。投資企業はアリババ、蘇寧、云锋基金、博裕资本の4社。具体的な買収金額は公表されていない。

愛康国宾は中国民営健診企業大手の1つであり、設立から何度も資金調達を行っている。2014年にナスダックにて上場したが、上場から約18ヶ月後の2015年、愛康国宾の創業者である張黎剛が上場廃止の考えを示した。その後、上場廃止に3年もの時間を費やした愛康国宾は激しい市場競争の中でチャンスを失った。裏では同じく民営健診企業大手で競合企業である「美年健康」が2017年に「慈铭体检」を買収し、市場シェアを拡大した。

以前から愛康国宾はアリババの医療事業「アリババヘルス」と良好な協業関係を続けてきており、今回の合併・買収を以て正式にアリババ運営に加入することとなった一方、アリババはこの合併・買収について、愛康国宾はこれを機に会社を成長させる狙いである。アリババは、今後は健康診断会員の管理システム運用やオンラインとオフラインのサービス開拓、AIによる病気診断や病気予知システムなど幅広く合作計画を展開していくつもりであるとコメントしている。