アリババ傘下の物流技術開発企業「菜鳥(cainiao)」が新たな物流サービス「丹鳥」を打ち出したと報道された。これまで自社物流の建設には意欲を見せてこなかったアリババもついに「丹鳥」のリリースを以て物流事業に本格参入し、ライバルの京東と自社物流分野で対抗する狙いとみられる。ECの発展に伴い近年成長してきた中国物流業界の競争が一層白熱化されることが予想される。

丹鳥とは?アリババと京東、各社の物流戦略

アリババは自社の配送事業は持たないものの、傘下の物流技術開発企業菜鳥を通して複数の外部物流企業に出資し、間接的に物流市場に参入した。アリババの会長ジャック・マーは以前、自社物流の建設には興味がなく、物流パートナー企業と協力することで全国範囲の物流ネットワーク構築に注力するつもりであると公言していた。では、今回打ち出した丹鳥は一体何者で、狙いは何なのか。

実は2009年にアリババ はすでに「浙江芝麻開門供応鏈管理有限公司」という物流企業を創立し、宅配サービスの提供を開始していた。今回の丹鳥はその物流会社のグレートアップ版だという。関係報道によると丹鳥の運営方法は京東と同じく倉庫と配送を一体化させ、配達効率の良い高品質の物流サービスを提供する計画とのこと。

一方で、自社物流事業をEC事業の発展にすでに大きく貢献させているライバル・京東も物流事業をさらに拡大させる姿勢を示した。2018年に京東物流は自社EC事業のサポート役だけにとどまらず、外部にも開けた第三者物流会社として個人向けの宅配サービスを開始した。現在同サービスは全国50都市までに広がっている。

京東物流がこの作戦を打ち出した背景には同社が直面する大きな課題がある。京東物流は十数年もの間赤字経営を続けており、いずれ資金問題になる恐れがある。会長の劉強東によると、このままの赤字経営が続くと調達してきた資金は最大で残り2年しかもたないという。収益を引き上げるため今年4月には配達員の基本給を取り消し、さらに個人向けの宅配サービスを開始し集荷業務を通して収益アップを狙い始めた。この戦略は会社内部で大きな議論を呼んだが、京東物流は潜在する経営危機と向き合い、生き残る決心を示した。

中国物流業界の三大勢力

現在中国の物流業界は、アリババ主導の民間物流企業「四通一達」(申通、圆通、中通、汇通、韵達の5社。アリババはこのうち四通に出資)と京東物流、そして順豊(SFエクスプレス)の三勢力に大きく分かれている。

京東物流はECプラットフォームから配送まですべてをコントロールし、倉庫と配送の一体化を通して効率を高めたが、その分同事業に投入したコストも高い。これも京東物流赤字の要因である。

アリババは京東と異なり、菜鳥のプラットフォームを通して物流パートナーにデータサービスを提供し、共に物流ネットワークを構築してきた。中通や申通などの物流企業は元々アリババのEC事業に依存して成長してきた物流企業である。そしてアリババには菜鳥を通してこれらの物流企業を一つの物流ネットワークに統合する狙いがあると言われており、さらに今回発表された「丹鳥」を以て自社物流建設へも動き出したという流れである。

また、伝統的物流大手・順豊はサービス向上と物流インフラ建設へ徹底注力することで大手他社に頼ることなく自力でのし上がり、2017年にはIPOにも成功している。IPO成功時には時価総額3000億元(約4兆8771億円)を達成し、同時期のテンセントの時価総額を超えるという快挙を遂げた。一方で、かつて中国ECが盛り上がりを見せ始めた2006年からは多くの同業他社がタオバオなどのECプラットフォームに依存するようになり、ネット通販により発生した大量の配送業務をこなす中、順豊はそのチャンスを逃してしまった。これを受けて順豊はこのECブームに乗るべく2012年に自社ECプラットフォーム「順豊優選」を立ち上げたものの、激しいEC市場競争の中で成果が出せなかったなど苦い経験もしている。

中国ではECの発展が物流業界に大きな影響を与え、伝統的物流企業のトップである順豊は今、アリババや京東が主導する新型物流企業からの挑戦に直面している。この先もまた物流業界の局面は変わっていくだろう。