フランスのスーパーチェーンカルフールは中国における事業の8割を年内に中国企業のSuning(蘇寧易購)に売却することが明らかになった。残りの20%の株式も売却する意向があり、最終的にカルフールの中国事業はSuningの子会社となる可能性が高い。

ここ十数年、Eコマースの発展は伝統的な小売業界に多大な影響を与え、外資大手企業らは中国市場で苦境に陥った。カルフールの中国進出は同業他社よりも早かったが、変化の激しい中国市場の中で事業を売却することを惜しむ声が高まった。

カルフールの中国での発展経緯

カルフールは1995年に中国市場へ進出し、外資系スーパーチェーンとして中国進出は同業他社よりも早かった。長年の経営で順調に事業を拡大し、2019年3月時点では、中国で210軒のスーパーと24軒のコンビニを運営している。

カルフールに次いでアメリカのウォルマートやドイツのMETEROなどの大手スーパーチェーンも相次いで中国市場へ進出したが、近年これらの大手スーパーが閉店するニュースを目にすることが増えた。また、韓国のロッテはすでに中国市場を撤退し、ウォルマートはテンセントや京東(ジンドン)などの中国企業とパートナーシップを組んで協業する道を選んだ。

ネットショッピンングの形が年々変化を遂げ、その打撃を受けた伝統的な小売業界では生き残りをかけて改革を始めた。カルフールは経営の重点をECサービスに移行し、2015年にECサービスを開始。さらにテンセントと連携することで最新のテクノロジーを活用した新型店舗「Le Marche」を開店するなど、淘汰されないように事業改革を行った。しかし、それでも中国市場における業績は落ち込み、2018年は5.78億元(約90億円)の赤字を出した。

カルフール買収でSuningはオフライン小売事業を拡大か

家電販売からO2O企業に転換したSuningは、自社でオンラインとオフラインの事業を持っている。近年Suningはオフラインの小売事業の拡大に注力しており、2018年4月にSuningはカルフール傘下のコンビニブランドDiaを買収し、273軒のコンビニをSuning自社のコンビニブランド「蘇寧小店」に改造する計画を発表していた。さらに2019年4月に大手不動産の万達グループ傘下の百貨店「万達百貨」を37店舗を買収し、Suningのショッピングセンターに改造した。

以前の記事はこちら:
蘇寧グループがコンビニの「蘇寧小店」を709店舗開店!オフライン事業を急拡大。

中国のEコマース市場が強烈な競争を繰り広げる中、市場はどんどん頭打ちになりつつある。オフラインの市場はアリババなど大手ECの戦場となった。Suningもオフライン市場に目をつけ、2019年のうちに15,000軒の蘇寧小店を開店する目標を発表した。カルフールは近年赤字経営を続けてきたが、中国の大都市に構える実店舗はSuningにとっては旨味となる。Suningはオフラインのコンビニなどの小規模の店を持っているが、大型ショッピングモールの展開は少ない。カルフールの買収を通して、大型店舗の業態を手に入れ、事業をさらに拡大して行く狙いだ。

記事更新のお知らせ:
チャイトピ!は毎週月・水・金曜日に記事を更新します。是非ご覧ください!