インド発の格安ホテルチェーンOYO(オヨ)は近年中国市場を含め世界各国で事業を拡大している。今年4月には日本上陸も達成し、現在は世界10カ国で500以上の都市でホテル・住宅事業を展開している。しかし、2017年に進出した中国市場においては、現在大規模なリストラが行われる計画が報道され、これまでの驚異的成長スピードにブレーキがかけられたようだ。

OYOとは?

OYOは2013年に創業者のRitesh Agarwalによってインドで創立され、2018年にはインド最大の格安ホテルブランドへを成長を遂げた。さらにその後、時価総額が50億米ドルを突破しホテル業界のユニコーン企業となった。

2017年に中国市場に進出し、広東省で事業を開始。最新のデータでは、OYOは中国の320都市で1万棟ものホテルを構えている。本国インドでの成功を中国でも達成したかのように見えたが、2019年に入ってからはホテルの品質管理問題やデータの偽造、中国本土のホテル予約サイトから掲載を削除されるなどしてトラブルが相次ぎ、企業として窮地に立たされている状況だ。

OYO中国事業のビジネスモデルと課題

OYOの創業者は当初、インドの格安ホテルの設備故障や値段の格差が大きい等の問題から、最もベーシックなホテルサービスを提供するホテルチェーンを目指してOYOを創立した。中国市場に参入した後、個人運営の中小ホテルからの加盟を増やすため、加盟費用を免除し注文だけに対しコミッションを得る方針で加盟に対する敷居を大幅に引き下げた。さらに、OYOは加盟したホテルに自社のオンライン予約システムを提供し、ホテル管理の簡易化に協力している。また、人材を派遣するなどしてホテルの運営も支援する。そして、加盟するホテルは従来のホテルのロゴをOYOに変えるだけで加盟店になれる。

こうした敷居の低い加盟制度から、OYOは短期間に多くの中小ホテルからの加盟を実現し、店舗の軒数を増やしてきた。しかし、その後品質問題が続出。ホテルの衛生問題、設備の不具合などが多発し、ユーザーレビューが他のホテルチェーンよりも低くなってしまった。

一方、OYOが発表した驚きのホテルデータに疑問の声も高まった。中国本土のホテルチェーンブランド一位「如家酒店」の2018年のホテル数は2,319軒、OYOが公表した1万店舗という数字との大きな差に回答を求める声も出た。

2018年中国ホテルチェーンランキング(出典:中国ホテル協会http://www.askci.com/news/chanye/20180412/115322121396.shtml)

さらに2018年に中国2大オンラインホテル予約プラットフォームの携程(Ctrip)と美団(meituan)はOYOの成長に脅威を感じ、自社のプラットフォーム上からOYOのホテルを全て削除した。そのため、OYO加盟店の客数は急減し、売上げに大きな影響を及ぼしたため、OYOとの契約を解除する加盟店が相次いだ。

今年6月の中国現地メディアの報道によると、OYOは大規模のリストラを行い、現職員の半数を削減する計画だという。OYOは中国市場参入から2年弱猛スピードで成長してきたが、遂に戦略を見直す時期が到来したようだ。

このようなマイナスなニュースが連日報道されているが、実は今年5月にOYOは「OYOホテル2.0」計画を発表し、ホテル品質の向上、加盟店の利益を拡大することを目標にしている。さらに敵対視されていたCtripとMeituanともパートナーシップを結び、提携に必要な費用をOYOが支払うことで和解している、この両社との冷戦に終止符を打つなどして中国市場に合わせて作戦を調整しているのだ。

これにより今後どんな効果が生まれるのか、チャイトピ!では引き続きOYO最新情報をお伝えいたします。

記事更新のお知らせ:
チャイトピ!は毎週月・水・金曜日に記事を更新します。是非ご覧ください!