チャイトピ!が選ぶ中国ビジネス関連単語集第二弾では、アリババやテンセントなど、中国ビジネスを知る上では欠かせない、テクノロジーやEC分野関連の企業やサービスを紹介します。

中国語 日本語 概要
腾讯 テンセント 中国テック大手で、SNSとゲーム事業は中国の最上位にたつ。
阿里巴巴 アリババ 中国EC最大手
百度 バイドゥ 中国最大の検索エンジンを持つIT会社で、テンセント、アリババと共にBATと呼ばれるが、近年の発展はテンセントとアリババより遅れてる。
京东 京東(ジンドン) 中国EC市場シェア2位
华为 ファーウェイ(HUAWEI) 5G技術開発で世界の最先端に歩む通信技術開発会社。
中兴 ZTE 中国の通信技術開発会社で、2018年はアメリカの部品禁輸で大きなダメージを受けた。
苏宁易购 蘇寧(Suning) 中国家電量販大手からEC事業と実店舗両方を持つO2O企業に転換。
哔哩哔哩 bilibili 動画配信サイトで、動けるコメントが特徴で日本のニコニコ動画と似てる。
瑞幸咖啡 luckin coffee 中国コーヒーチェーンで、成立から2年も経ってないうち上場を果たした有名なスタートアップ。
抖音 Tik Tok 中国発の短編動画アプリで、日本を含めて多くの国で事業を展開してる。
饿了么 餓了麽(eleme) 中国デリバリーサービス2強に一つ、2018年にアリババに買収された。
美团 美団(meituan) デリバリーサービスやオンラインの映画チケット販売など生活情報サービスを提供する会社。
小米 xiaomi 中国スマホメーカー、低価格のスマホで市場シェアを取り、2019年香港で上場を果たした。
蔚来汽车 蔚来汽車(NIO) 中国版テスラと呼ばれる電気自動車メーカー。
携程 シートリップ(Ctrip) 中国最大の旅行会社
微博 ウェイボー(weibo) 中国版ツイッター
科大讯飞  科大訊飛(IFLYTEK) 中国有名な人工知能開発会社
滴滴出行 滴滴(DiDi) 中国配車サービス最大手
字节跳动 Bytedance(バイトダンス) 人気の短編動画アプリTik Tokの運営会社、近年はコンテンツ分野でバイドゥやテンセントの脅威となった。
ofo/小黄车 ofo シェア自転車ブランド。今は資金問題で会社は危ぶむ状態にある。
摩拜单车 mobike シェア自転車ブランドで2018年に美団に買収された。
蚂蚁金服 アントフィナンシャル アリババ傘下の金融サービス会社、アリペイなどを運営している。
网易 (NetEase)ネットイース ゲーム開発やEC事業を展開する会社、傘下の越境ECプラットフォーム網易コアラは長年中国越境ECの1位である。
拼多多 拼多多(ピンドウドウ) 中国EC業界のダックホースと呼ばれる会社、成立から急成長し、3年も経たないうち上場を果たした。
天猫 Tmall アリババ傘下のB2C通販サイト
爱奇艺 iQIYI バイドゥ傘下の動画サイト
小红书 小紅書(RED) 越境EC事業を展開する企業
淘宝 タオバオ アリババ傘下のC2C通販サイト
盒马鲜生 フーマー アリババのニューリテール戦略の中核店で、生鮮食品の販売を行うスーパー。
中国移动 China Mobile(チャイナモバイル) 中国三大通信キャリアの一つ
中国联通 China Unicom(チャイナ・ユニコム) 中国三大通信キャリアの一つ
中国电信 China Telecom(チャイナ・テレコム) 中国三大通信キャリアの一つ
以前の記事はこちら:

中国語ビジネス関連単語厳選1(説明付き)