圧倒的シェアの背景で滴滴の抱えるいくつもの課題

▲2019年5月中国配車サービスアプリのユーザー規模(出典:易观)

中国配車サービス最大手の「滴滴(滴滴出行、DiDi)」は2016年にアメリカの配車サービス「Uber」と合併してから中国市場をほぼ独占状態にある。

2019年5月のMAU(月間アクティブユーザー数)は7517万人で2位の「首汽约车」の約22倍と、圧倒的なシェア率は数字からも見て取れる。

近年は海外進出も積極的に行っている。
すでに日本でも東京や京都、大阪でサービスを展開しており、トヨタからは600億円の出資を確保している。
JALとは共同してキャンペーンを行い、空港送迎サービスを打ち出したり、積極的に海外企業と連携を図り海外においての事業の拡大を進めている。

順調に事業拡大を広げているように見える滴滴だが、2012年の会社成立以降6年間1度も黒字を出していない。

中国当局に反トラスト調査を行われたり、2018年に利用者が運転手に殺害される事件が2件も起き、相乗りサービス「順風車」の提供も中止し、いまだに開始できていない状態にある。

2018年には109億元(約1,779億円)もの巨額な赤字を出しており、知名度と圧倒的シェアの裏側で、様々な課題を抱えているのだ。

【参照】以前の記事はこちら:
滴滴(DiDi)大規模リストラへ、赤字報道のその後

業界はスピード重視から品質重視へ

滴滴の抱える課題は中国配車サービス業界全体の課題でもある。ライバル社の美団も対応に尽力している。
殺人事件のような恐ろしい事件の他にも、違法車両による安全問題も懸念されており、当局が取り締まりも強化されている。
こうした社会全体でサービスの安全性への懸念が高まり、高品質なサービスの需要が増えた。

■「专車」の市場規模が拡大
配車アプリは大きく分けて2つのサービスを提供している。

・正規タクシーと個人タクシーによる「快車」
・車種も異なり、サービスグレードも高まる「专車」

安全性が重視されている今、料金の安い「快車」より料金は上がるが、サービスの品質が高い「专車」を選ぶ利用者が増えている。
市場取引において「专車」の市場規模は2015年の時点で19億元だったのが、2018年には460億元と、大幅に増加した。

▲「快車」と「专車」の利用状況(左)、「专車」市場規模と予測(出典:易观)

「专車」
清潔で広い快適な車内環境
厳しい審査を通ったプロの運転手
荷物を持ってくれるなどのサービス提供
安全性が高い
事件の被害者の多くが女性乗客だったため、2018年から女性の「专車」利用が増えた。

■配車サービスはさらに細分化
より多くのニーズに応えるため、配車サービスは細分化され、その場で車を呼ぶサービス以外にも、空港への送迎や数日間の利用、貸切、香港マカオ広州の通関、国外での送迎、障害者向けサービスなども提供され始めた。

海外旅行へ行く中国人観光客が増えていく中で、海外においても自由に配車サービスが利用できるように、Ctirpなどは海外の各地域の地元の企業と連携し、中国人観光客向けの配車サービスを打ち出した。

異業種からの市場参入

中国配車サービス市場は滴滴がほぼ独占状態にいるが、地図アプリの高徳(2014年にアリババに買収された)やデリバリーサービスの美団、旅行会社のCtirpなど他分野の企業も配車サービスを打ち出し、市場へ参入。

さらには、中国の三大自動車メーカー東風汽車、中国第一汽車、長安汽車も、合同で新しい会社を設立し配車サービス事業を始め、参入を果たした。

他分野からの強豪達の登場は市場競争を激化させ、絶対的な地位を確立していた滴滴を脅かした。
“莫大な資金を投入し、高い市場シェアを占める”という先手を打つ時代はもう終わった。
高品質なサービス提供こそが配車サービス業界の勝因となっている今、滴滴も各ライバル社もさらなるサービスの品質性や安全性の向上に力を注いでいる。